女性必見!綺麗を保ちながら美容費を節約する方法

節約・貯めたい        2016年02月18日

Pocket

美容費を節約

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

  • 女性は、「美しくいたい」という気持ちが強い生き物です。化粧品や髪型、ネイルなど、美容に使う金額も多くなってしまいますよね。美貌を保つ上で、美容にお金をかけることも必要です。

    しかし、それにお金をかけすぎてしまうと、生活費に使う額が減ったりお金を貯金に回すことができなかったりということもあります。そこで、美しさを保ちつつ美容費を節約できる方法をご紹介します。

    クーポンを利用する

    美容院に頻繁に行く方もいらっしゃるのではないでしょうか?独身時代、私は月1回くらい美容院に行き、とにかく頻繁に髪型を変えていました。今思うと、美容院代だけでも高額だったと反省しています。

    少しでも美容院代を節約する上でオススメなのが、クーポンを使う方法です。探してみると、近くの美容院でも使えるクーポンを見つけることができます。

    また、通っている美容院によっては誕生日月に割引になったり、期間限定で使えるクーポンなどを郵送してくれたりする店舗もあります。

    個人経営の美容院か、チェーン店か?

    少しでも安くなるならば活用した方が節約効果は高いです。経験上、個人経営のお店よりも全国に展開している大きな美容院のほうが、頻繁にDMなどお得な情報を送ってくれる印象があります。

    私が16歳の頃から通っている美容院は個人経営のお店です。その店舗の魅力は、毎月キャンペーンをしてくれるという点です。月によって安くなるメニューがあるので、カラーをしたかったらカラーがお得な月を選んでいます。キャンペーンを利用することで、通常の料金よりも美容院代を節約しています。

    美容院によってはポイント制があるお店もあります。ポイントを貯めると割引ができるので、地道に同じ美容院へ通うのもよいでしょう。

    化粧品はモニター制度を利用しよう

    毎日使う基礎化粧品はすぐになくなってしまいます。良いものを使いたいと思うと、かかるお金も増えるものです。

    そんなとき、お金をかけずに基礎化粧品を手に入れる方法としてオススメなのがモニター制度です。調べてみると、応募サイトなども多数出てきます。

    私も一時期この制度を利用していましたが、化粧品類と食品類は倍率が高く、難しいように感じました。モニター当選して使用させてもらったのがアロマオイル。妊娠期間中のつわり対策などに良い商品だったため、妊娠中だった私が使用させていただきました。

    通常購入すれば1,000円以上する商品ですが、タダで利用できたのはとても嬉しかったですね。

    ブロガーには有利な制度?

    モニター制度では当選すると、商品を利用してその感想などをブログで紹介する必要があります。ブログで商品紹介を頻繁にしていて、ブログの閲覧者数などが多いブロガーさんのほうが、当選確率も高いのではないかと感じました。

    この制度を利用するのであれば、日常的にブログを書いている人の方が向いているかもしれません。

    化粧品は自分に合うかが一番大切

    高い化粧品は品質もよいイメージがあります。私の経験から見ても、安い化粧品と比べると、高級なほうが成分や使用感なども優れていると感じます。

    しかし、高級化粧品でも肌に合わず、買ったのに使用できないケースもあります。

    肌に使うにあたって大切なのは値段ではありません。自分の肌質に合うものを正しい方法で使っているかが大切です。

    どんなに良い商品でも、乾燥肌の人にさっぱりした化粧品を使っていると、肌は水分不足や肌荒れの原因になります。だからこそ、自分の肌の状態を理解し自分に合ったものを使いましょう。

    プチプラで良いものを見つける

    自分の肌に合っていれば、価格が安い商品でも肌の状態をキープできます。それに、安くても質の良い化粧品もあるので、インターネットで探すとよい商品が見つかるはずです。

    安い商品なら使用する量もケチらず、たっぷり使えます。金額にこだわりすぎず、一度利用してみてはいかがでしょうか。

    多くの女性は「自分をより綺麗にしたい」という気持ちがあると思います。

    良いものを使うだけでなく、節約をしつつ自分を綺麗に見せる方法を考えてみたり、実践してみたりして、自分の生活をより豊かにしましょう。

    (文・マオ)

    タグ: ,
    マオ
    マオ
    2人の子供の母。子供との時間をより大事にできる仕事を追求した結果、2014年4月からライターとしての活動を開始する。「分からないことがあったらまず調べる」をモットーにいろいろなジャンルの記事を執筆しています。2016年に調理師免許取得を目指して勉強中。

    orette.jp

    orette.jp

    TOPへ

    ページトップへ戻る