あなたの口臭は大丈夫?500円で解決できる口臭チェック、予防法

節約・貯めたい        2017年02月10日

500円からでも解決できる口臭チェック、口臭予防法を紹介します

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)


  • 口臭を消すためにまずはじめにやるべきことは原因の究明です。大抵は口の中にある細菌が、口の中に残ったタンパク質などを分解して、硫化水素、メチルメルカプタン、メチルサルファイドと呼ばれる揮発性硫黄化合物になって、口臭を発生させています。

    この揮発性硫黄化合物を増やす原因によって、口臭は2つに分類されます。

    口臭には2種類ある

    まずは、口の中が乾いているとか、仕事でストレスがたまっているとか、舌の表面が白い、というような場合は生理的口臭疑っても良いでしょう。

    そのほかに、歯や入れ歯がざらざらしているとか、歯茎が腫れて血が出るとか、歯がぐらぐらしているとか歯が傷んでいるという場合は病的口臭と言ってもいいでしょう。

    まず一番最初に確認したいのは、唾液の量です。唾液の分泌量が少ないと口の中が不潔になりやすく、細菌がたまり、その悪循環で口臭が発生しますので、唾液が出づらい場合は、唾液を出すようにし、口の中の改善することが予防の第一段階です

    唾液を出しやすくするには?

    唾液を出しやすくする方法はいくつかあります。しかし、基本的にはリラックスすることが大事ですから、肩に力が入りやすい人や、すぐに緊張してしまう人は、普段から深呼吸をしてリラックスする習慣を身に付けることが大切です

    この深呼吸はメディカル、フィジカル両方の健康管理に良いとされていますので、メタボ解消や予防という点でも注目されています。また、水を少し飲むことも、緊張感を和らげて、リラックスさせてくれますし、新陳代謝にも良いとされています。

    歯磨きをこまめに行うこと、うがいの頻度を多くすること、ガムなどで口内を清潔にすることも、唾液分泌を促進し予防に役立ちます。

    唾液腺をマッサージするために頬の外側を手でこすったり、内側を舌で刺激するのも効果的です。口の周りの筋肉が衰えると唾液の分泌が減少するので、食べるとときによく噛むことも習慣化する必要があります。

    舌を清潔にするために注意することは?

    舌を清潔に保つことも重要です。舌を掃除するには、舌専用の舌ブラシを使うのですが、この舌ブラシを慣れない人が使うと、力を入れすぎたり、洗い過ぎたりして出血してしまい、かえって逆効果になってしまうこともあるので、取扱いは慎重に行う必要があります。

    最近は新たに開発された良いものも売っていますので、ドラッグストアなどで説明をよく聞いて行うのがいいでしょう。いずれにしても、舌に傷をつけないことがポイントになります

    忘れてはならない虫歯と歯周病対策

    500円もあれば買える洗口液で口の中の洗浄や消毒を行うという方法もあります。殺菌剤などが配合されたもので、口臭予防ではおなじみのものです。ここまでが生理的口臭に関してですが、病的口臭の場合はその原因は歯周病とに虫歯に分かれます

    歯周病は歯周ポケットに潜んでいる病原菌がタンパク質などを分解して口臭を発生させます。歯周病はほとんど痛みがないので、歯科検診を受けるのがいいのですが、口臭を感じたリ、家族や友人から指摘されたりしたら、すぐ治療受ける必要があります。

    虫歯も口臭の大きな原因です。食べかすがたまりやすい状態になっていますので、細菌が発酵しやすく、臭いに結びつきます。虫歯が原因ですから、こちらを治療することが先決です。親不知の周りも細菌がたまりやすいので場合によっては抜歯がいいでしょう。

    その他にも口臭には原因がある

    また、副鼻腔炎、肝臓病、腎臓病などが口臭の原因になることもあります。これらは、他の自覚症状もあるはずですから、まずはそちらの治療が先になります。

    そのほかにも、口腔内の殺菌を目的とした口腔洗浄剤や、専用マウスピースや薬を使った治療など、さまざまな治療方法が開発されていますので、お金をかけてでも口臭をなくしたい場合は、専門の口臭外来に相談するのが一番です

    大事なことは、早期発見・早期治療です。自分で気をつけるとともに、家族にも協力してもらうことが大切になります。

    タグ:
    HOW MATCH編集部
    HOW MATCH編集部
    あなたの年収、副業、節約、貯金に関する悩みを金額で解決するWebメディア、HOW MATCHの編集部です。さまざまなライターによる記事が集まっています!

    TOPへ

    ページトップへ戻る