東京でも100万円台のマンションが購入できる時代に!?

節約・貯めたい        2017年01月28日

(この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。)


  • マンション購入と言えば1000万円台というイメージが依然としてありますが、現在は驚くような価格で取引されています。

    最近では、100万円台といった破格の安さを売りにするマンションが首都圏にも増えており、東京にもそういったリーズナブルなマンションがチラホラと現れ始めているのです。

    その値段である理由は必ずある

    こういった100万円台のマンションの多くは、信じられないことに状態もそれほど悪くないことがほとんど。

    価格から一見訳あり物件にも思えますが、よくよく調べてみると安さの原因はエレベーターなどの設備がない、築年数が古いといった単純な理由であることが多く、住む人によっては難なくクリアできる条件であったりするわけです。

    多少築年数が古い場合でも、内装が完璧にリフォーム、リノベーションされていれば問題を感じることは少ないでしょう。

    最近は都心回帰の傾向があるため、少し郊外の沿線で探せばこのような100万円台でマンションを購入することも夢ではないのです。

    交渉次第ではさらに減額できるかも?

    こういったリーズナブルなマンションは、不動産情報をなどをまめにチェックすることで入手できる可能性が高まります。

    売主が売り急いでいる場合もあり、交渉の仕方によっては公示価格よりも安い価格で購入できる可能性もあります。

    どういう訳ありかにもよりますが、訳あり物件というイメージがある場合には、購入希望者も少なくなることが考えられますので、さらに有利に交渉を進めていくことができる訳です。

    こういった格安のマンションのなかでも、何10年も昔に建てられた公団住宅であれば、立地の面では問題が無いことが多いと言えます。

    また、近隣の駅やスーパーマーケットなどの商業施設にもアクセスしやすいことが多く、居住する点では郊外の賃貸住宅よりも却って便利な場合があるのです。

    月の返済額3,000円台ってことも

    こういった100万円台の中古マンションを購入した場合でも、もちろん住宅ローンが利用できます。新築の住宅を購入する場合に比べて、はるかに負担は少なく、上手に組めば月々のローンの返済額が3,000円台といったこともあり得るのです。

    このような金額であれば賃貸住宅と比較にならないほどコストを抑えることができ、負担は公共料金並みと言えます。

    また、返済額を工夫すれば短期間にローンを完済することも可能で、完済後は一つの住宅資産として新たな活用方法も考えられるわけです。


    タグ: , ,
    HOW MATCH編集部
    HOW MATCH編集部
    あなたの年収、副業、節約、貯金に関する悩みを金額で解決するWebメディア、HOW MATCHの編集部です。さまざまなライターによる記事が集まっています!

    【PR】無料保険相談で商品券全員プレゼント

    TOPへ

    ページトップへ戻る