宝くじで10億円当たった人は本当に幸せになれたのか?

副業で稼ぎたい        2015年06月29日

Pocket

宝くじで10億円

(この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。)

  • 日本でも当選最高額は上昇の一途か

    私たち働くサラリーマンの永遠の夢、宝くじの高額当選。

    海外でも数100億円相当という目もくらむような高額当選が存在する一方、日本で発売されている宝くじにも高額の当選額として、特に年末ジャンボ宝くじにおいては10億円を超える当選額が存在することが確認されている。

    日本人が一生遊んで暮らせる金額がおよそ5億円と言われている。これは何年間生きるかにもよるが、例えば宝くじの当せん金5億円を50年で割ったとすれば、月換算にして

    500,000,000円÷600月=833,333.333333…円

    ということで、毎月80万円以上もの自由に使えるお金が存在することになる。これがもし6億円ならば毎月100万円、10億円になれば毎月160万円以上ものお金が自由に使えるということになるのである。一生分の金運を使い果たすにこれ以外の方法があろうか。

    さぁここからが本番だ。あなたならこの生涯給与と言っても過言ではない大金を何に使うであろうか?

    私なら真っ先に住宅ローンを完済して、クルマも買い替えよう。パソコンも古くなったから新しく購入して、趣味の遊び道具も欲しい。いつもはお金がかかるから避けていた年末年始やゴールデンウィークど真ん中に海外に行くことだって余裕だ。そうだ、いっそのこと家ももう1軒購入してしまおう!

    使い道 金額
    住宅ローン完済 ¥27,000,000
    クルマ買い替え ¥5,000,000
    新しいパソコン ¥200,000
    趣味の遊び道具 ¥200,000
    GWど真ん中に海外旅行 ¥500,000
    家ももう1軒 ¥40,000,000
    ¥72,900,000
    残り金額 ¥927,100,000

    全部やっても、まだ9億2700万円以上も余るぞ!!どうしよう使い切れない!!すげぇー!!

    宝くじはこうやって捕らぬ狸の皮算用をしているときが一番楽しいのかもしれない。

    高額当選者は本当に存在するのか

    日本には1000万円を超える高額当選者にのみに配られる「その日から読む本」なるものが存在するらしい。

    その本には高額当選者としての心得が事細かに記されており、浮かれた高額当選者の気持ちを害せずに安全に巨額のお金を運営するノウハウが詰まっている。かいつまんで紹介すると、

    「受け取った当せん金は、とりあえず安全な保管場所へ」

    「当せん直後は、興奮状態にあるという自覚を」

    「1人でも人に話せば、うわさが広まるのは覚悟しよう」

    「当せん金は、当面使うお金と残すお金に分ける」

    「もしもの時のために遺言状を作る」

    ざっとこんな感じの言葉のオンパレードだ。特に最後の遺言状には思わず身震いを覚えたが、これは裏を返せば過去にこのようなトラブルがあったことの示唆にほかならないだろう。

    毎年ジャンボ宝くじが発売され、購入するために売り場に長蛇の列ができるたびに、このような恐ろしい思いを味わう高額当選者は必ず存在している。これは間違いない事実である。

    しかし、過去のニュースを検索すると、高額当選したにもかかわらず、未換金がなんと20億円以上もあったそうだ。

    未換金の理由には、

    • 「番号を見間違えた」
    • 「番号確認を忘れた」
    • 「もらい物の宝くじでもらったことを忘れている」

    などというもったいなさすぎる理由がある一方で、

    • 高額すぎて躊躇(ちゅうちょ)している

    という理由もあった。この当選者はもしかしてお金の本当の怖さを分かっている人だったのかもしれない。

    高額当選者の末路をご存知だろうか

    匿名で自由に情報を配信できるインターネットの世界には、真偽は不明だが実際の高額当選者による自らの暴露記事がいくつか存在している。

    また、書籍でも「ロト6で3億2千万円当てた男の悲劇」というものがあり、この著者である高額当選者の絵に描いたような転落人生を見ることができる。

    高額当選者の末路をご存知だろうか

    高額当選者の守るべき基本的な鉄則に「当選したことを他人へしゃべらない」というのがある。しかし実際に当選した人に言わせれば「一番つらかったのは、誰にも言えないこと」だったというのだ。

    もし、家族にばれ、同僚にばれ、友人にばれ、知人にばれてしまったら、それから自分の身に何が起こるかはちょっとでも想像すれば、あなたにも分かるであろう。

    自分から直接伝えた人だけならまだいい。伝えてもいない赤の他人やまったく関わりのない団体からある日突然寄付のお願いがくることだってあるのだ。

    当選確率という視点から考えれば……

    宝くじの最高額に当選する確率は1000万分の1だと言われている。これは競馬の約2,000倍、カジノで大当たりする確率の約16倍もの当たりにくい確率になるのである。

    間違いなく一生分の金運を使い果たすにはこの方法しかないくらいの、確率論だけで言えばスーパー低確率にもかかわらず、先ほど述べたような不幸になるリスクと背中合わせであることを忘れてはいけない。

    当選確率という視点から考えれば……

    お金稼ぎという視点で考えれば、これ以上の効率の悪いやり方はない。

    しかし、夢を見るという視点で考えれば健全だ。収益金の40%ほどは震災の復興にも使われるという。数千円払えば日本の社会貢献もできて夢も見られる、そう考えれば少しはラクにならないだろうか。

    私の両親もかつては年末にジャンボ宝くじをしこたま買ってきて、家族でその使い道を真剣に話し合ったものである。そして大晦日の抽選日に「今年もハズレた~!」と笑い合っていたのを見て、私は心のどこかでホッとしていたものだった。

    宝くじは、その使い道を考えているときが一番楽しいものなのかもしれない。

    平成の億万長者を463人生んだ「西銀座チャンスセンター」あなたに代わり宝くじを購入してきます!

    宝くじ高額当選した人のその後の人生とは?

    宝くじで6億円を当てると年収2000万円の生活が30年できます。

    さて、30代の一般的なサラリーマンが6億円を当てたらどうなるでしょうか。昨日まで年収500万円の生活だったのに、急に4倍の生活を送れるようになるのです。

    さて、あなたは年収2000万円の生活を30年間送りますか?それとも年収1000万円の生活を60年間送りますか?どちらを選ぶのか、その後の人生はこの選択で大きく変わるようです。

    失敗例、高額当選者のその後

    ケース1:家族や親戚にたかられる

    1. 3人家族のごく普通のサラリーマンが3億円を当てたら妻から「自分の両親と弟夫婦に家をプレゼントしたい」と言い出された。
    2. 1億円が当たったことを家族にしか話していなかったのに、これまで大した付き合いがなかった親戚から「2000万円貨して欲しい」と頼まれ、断ると嫌がらせを受けるようになった。

    ケース2:周囲に妬まれる

    1. 会社の人に知られてしまい、結果会社の同僚からことあるごとに「奢って」と言われるようになった。断っていたら会社に居づらくなってしまい、結果退職した。
    2. 小学生の子どもが友人に自慢してしまい、近所に広まってしまった結果、近所の人はもちろん、知らない宗教団体や慈善団体までが自宅に押しかけてくるようになった。

    ケース3:散財

    1. 5000万円が当たったが何に使ったか分からないほど散財してしまった。その後、一度上がった生活の水準を下げられずに消費者金融から借金した結果、自己破産をした。
    2. 妊娠していたこともあり仕事を辞め、夫は外で豪遊するようになり結果として仕事を辞めてしまった。その後、離婚することになったが貯金はゼロで、夫に慰謝料と養育費の請求もできない状態になってしまった。

    成功例、高額当選者のその後

    ケース1:何も変わらない

    実は賞金に手を付けておらず、仕事を今まで通り続けて、今まで通り子供の学費も住宅ローンも収入から支払っている。賞金を使い始めればすぐに無くなると考えており、何に使おうかと悩む時間が一番幸せだと考えている。

    ケース2%9 タグ: , , ,
    HOW MATCH編集部
    HOW MATCH編集部
    あなたの年収、副業、節約、貯金に関する悩みを金額で解決するWebメディア、HOW MATCHの編集部です。さまざまなライターによる記事が集まっています!

    orette.jp

    orette.jp

    TOPへ

    ページトップへ戻る