副業で稼ぎたい

たった1分の手間が600万円以上の差を生む!? 損しない家の売り方とは?

投稿日:


「今地価が上がってるし、思い切って売って住み替えよう!」

「9歳の息子に自分の部屋が欲しいとせがまれた!」

「家族が増えるし、将来も考えて引っ越そうかな。」

結婚や出産、子どもの成長など環境の変化によって家を売るきっかけは意外と出てくるもの。でも、いざ売るとなると何から始めたらいいか・・・このように思う人は多いのです。

そんな方が踏み出す1歩として、価格を調べることから始めてみませんか?

不動産は金額が大きいため、なんと不動産会社選びを間違うと600万以上損してしまうこともあるそうです。それでは600万以上損しないためにはどうすればいいでしょうか?

600万円あればできること

600万円の差とサラッと紹介しても、数字だけだとピンと来ないかも知れません。

そこで、600万円あればどのようなことができるのかを一緒に考えてみたいと思います。600万円あれば、どんな車を購入できるのか?600万円でカバーできる教育費はどれほどの額なのか?ぜひ、600万円の価値を感じ取ってみてください。

600万円以内で購入できる車

600万円以内で購入できる車をリサーチしてみました。お子さんがいる家庭には嬉しいファミリータイプですと

  • トヨタのアルファード
  • 日産のセレナ
  • ホンダ オデッセイ

ファミリータイプは車体が高く、車内も広々としていることから、乗り心地が良く車での移動が今よりも少し楽しみになりそうですね。

また外車に目を向けると、ベンツのCクラスも購入できます。風を切るように街並みを疾走する姿はかっこいいの一言です。

600万円あると車もローンを組まずに買い替えられますね。選択できる幅がかなり広がります。

600万円でカバーできる教育費

教育費用は莫大な費用が必要となるため、学資保険や貯蓄型の保険などで早くから対策をされているご家庭も多いことでしょう。

文部科学省による「子供の学習費調査(平成26年1月発表)」によると、幼稚園から大学まで全て公立に通った場合の教育費が約1,000万円、全て私立の場合が約2,460万円必要だとされています。

もしも600万円あれば、全て公立の場合の60%、全て私立の場合の24%をまかなうことができることとなり、多額の教育費のうち、かなりの割合をカバーすることが可能です。

600万円あれば他にもこんなことができる!

他にも600万円あればどのようなことができるのかを考えてみました。600万円という金額の重みを感じていただければ幸いです。

600万円の目安

  • アメックスセンチュリオンカード(ブラックカード)の年会費17年分
  • 東京からドバイ間のファーストクラス 約2回分(時期によって異なります)
  • リッツカールトン東京のスイートルーム 宿泊2泊分(時期や部屋によって異なります)
  • 安室奈美恵のベストアルバム 2,400枚分
  • 100円バーガー 6万個分
  • チロルチョコ 60万個分

不動産業者によって査定額の差が大きい理由

不動産を売却する場合、どうせなら少しでも高く売りたいと思うのが心情ではないでしょうか?しかしながら、不動産の査定は厳正であるため、どこの不動産会社に依頼しても同じ査定額が算出されると思っている人は多く、知らず知らずの間に損をしている可能性があります。

実は、どれだけ厳正な査定をしていたとしても、不動産の売却査定価格にはここで紹介したような差が出ます。不動産業者は数多く存在する上、不動産業者によって査定基準が異なるため、結果的に査定額もまちまちなのです。では、 不動産業者にる査定額の差が大きい理由をもう少し深堀してみましょう。

不動産会社はコンビニエンスストア以上に多い!

不動産会社はコンビニエンスストアよりも多いため、業者ごとに売却額の誤差が生じます。これは不動産業界に限ったことではなく、リサイクルショップや中古品買取店なども同様です。日常生活の中で、身近な事例として体感された経験はあるのではないでしょうか?

業者数が多いため、少しでも条件の良い査定価格で売りたい場合には、適性売却価格を把握しておく必要があるでしょう。事前に売却物件の売却相場を調べてから売買契約をする必要があります。

ちなみに、仲介会社は大手が良いと思い込んでいる人が多いようですが、必ず大手が良いとは限りません。仲介手数料を少しでも多く得るために、購入検討者(購入希望者)と売主を1社が仲介する両手取引を目指すケースが、大手の割合が多いといわれています。

両手取引を目指したことによる顧客の囲い込みによって、結果的に家を売りたい売り主と、家を買取りたい買主のマッチングに時間がかかり、物件の売買契約が遅くなる可能性があります。このような注意点を意識しながら、売却ノウハウが抱負で、信頼できる担当者に相談する必要があるでしょう。

いずれにせよ、不動産業者の数が多く、査定額にバラツキがあるため、一括査サービスなどで売却代金の相場情報を収集してから、売却相談をすると良いかと思います。

不動産業者によって査定額がまちまち

不動産業者によって売却費用の査定にバラツキがあることも覚えておきましょう。不動産の査定はいくら厳正にしていたとしても、土地も住宅も生ものであるかのような要素があります。

たとえば、媒介契約書を交わし、物件情報を広告掲載して多くの人に紹介してから、売れるまでに時間がかかると、土地の価格も変わっている可能性がありますし、経年劣化によって建物の価値も下がる可能性があります。

つまり、不動産の査定額の算定はそれだけ難しいため、業者ごとにバラツキが出るのです。

査定額の差の平均は何と600万円以上!

不動産を売却する時に、査定額の差が出ることは何となく分かっていても、実際に具体的な金額を聞くと目の色を変える人も多いようです。冒頭で紹介したように、査定額の差の平均は600万円以上となっており、大きな金額差があるのです。(スマイスター調べ 調査期間2016年4月3日~2016年7月31日)

不動産の無料一括査定のススメ

ここまでお読みいただくと、不動産を売る前には事前の査定をしておくことの必要性をご理解いただけるかと思います。不動産の査定は、一括無料査定サイトで手軽に相場をチェックすることができますし、最安値と最高値の差を調べることもできます。

売る場合にほんの1手間かけるだけで大きな差額を浮かせることができますので、ぜひ一括無料査定サイトで事前チェックをしておきましょう。仮に査定に1分かかったとしても、たった1分で600万円を浮かせることができるかも知れませんよ。

まとめ

不動産を売る場合には、少しでも高く売るために、事前に相場をチェックした上でお得な業者に依頼することが重要です。そのためには無料一括査定を利用することをおすすめします。一括査定査定「物件種別」「都道府県」「市区町村」「町名」を選択するだけで、最短45秒で査定が可能です。1,200社から見積もり比較が可能ですので、ぜひご利用いただき、最高価格で物件を売りましょう。

満足度の高い査定サイトはこちら

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.