政治・社会 節約・貯めたい

一生賃貸vs一生分譲、60歳での支払い差額1000万円!

投稿日:2015年12月9日 更新日:


人間の生活に欠かすことができない衣食住の「住」。人生の大半を過ごす、自分の城とも言える場所を「賃貸」にするのか「購入」するのか。一体どちらの決断が正解なのでしょうか?

因縁の戦い?賃貸と分譲はどっちがお得?

長年、論争が繰り広げられている賃貸マンションと分譲マンション。どちらを選ぶ方がお得なのでしょうか? 「借りる」のか「買う」のか。生涯独身を貫く「おひとりさま」が増え、DINKSという子どもを意識的に作らない共働き世帯が誕生するなど、世帯自体も多様化しています。

因縁の戦い?賃貸と分譲はどっちがお得?

転勤や両親との同居など、何かが起こった際に、身軽に引越しができる賃貸マンション。住宅ローンに悩まされず、その時々に必要な資金を工面していけるメリットがあります。しかし自分たち家族の資産として残せる分譲マンション。やはり答えは出ないのでしょうか? 

シミュレーション比較!賃貸vs分譲

それでは、核となる金銭面で比較をしてみましょう。30歳をスタート地点としてシミュレーションをしてみます。賃貸の場合、家賃70,000円を60歳まで払い続けたと単純換算をすれば2520万円

シミュレーション比較!賃貸vs分譲

分譲の場合には、2500万円の物件を購入した場合、頭金を500万円、住宅ローンを2000万円借入し、30年ローン、2.0%を組んだと仮定すれば、総返済額は約2700万円になります。

住宅ローンってよく分からないけど、損はしたくない・・・そんな人にオススメなのが住信SBIネット銀行の住宅ローン。ネット銀行の好金利と条件そのままで対面相談ができます!

分譲マンションに軍配!?

あれ?180万円しか変わらないの?賃貸マンションは、借りているだけで残らないけど、分譲マンションの所有者は自分であり、資産として残せる!分譲マンションの方が良いのでは?と思ってします。

しかし、忘れてはならないのが、新築マンションは購入後すぐに2割程度も価値が下がってしまうことです。そして時間の経過と共に右肩下がりに下落を続けます。そのため、いざ売却を考えた際、予想を大幅に下回る査定価格に目を疑う方も少なくありません。 

また分譲マンションのネックともいえる、月々の管理費・修繕積立金も忘れていけません。月額で15,000円~20,000円程度の出費が発生し、30年間払い続ければ、500~700万円にも及びます。購入当時は安く抑えられている費用ではあるものの、建物は経年劣化をしていくことで、修繕費用の工面として徐々に値上がりをしていくケースが多くなります。 

カスタマイズとオーダーメイドができる賃貸住宅の登場!

空き家が増加を続け、空室に頭を抱える大家さんが急増しています。そのため賃貸物件は入居者の意向を反映させた部屋へと進化を遂げています。
「作られた部屋」で「型にハマった生活がしたくない」それが賃貸を嫌う理由であった場合には、身軽に動ける賃貸派にとってのメリットが膨らんでいます。

カスタマイズとオーダーメイドができる賃貸住宅の登場!

大家さんにとってみれば、入居者の希望に合わせた壁紙や床材を使用することで、部屋に愛着を持ってもらうことができ、退去率を低く抑えることができます。入居者にとっても、賃貸物件でありながら、自分の意向が反映された空間に住むことができるのです。

優先順位を洗い出して希望を明確にする

一言でいえば、「利便性重視派」は賃貸、「資産性重視派」は購入が有効な決断です。家族構成やライフスタイルに合わせて、気軽に転居し環境が変えられることが賃貸の強み。家族で一生住める空間を手に入れ、先行投資で資産という安心を手に入れておけるのが購入の強みです。

しかし、購入派が忘れてはならないのが、将来売却や賃貸に出す可能性があるという視点を購入時点で持っておくことです。
資産価値の下がりにくい物件を選んでおくことで、いざという時の家族の資産が守られます。賃貸にはない資産性を活かすためには、購入時の冷静な判断が命運を分けます。

郊外に一戸建てを購入した団塊世代が高齢化

現在では、郊外に一戸建てを購入した団塊世代が高齢化し、施設入所や相続トラブルにより、多くの空き家を生み出しています。そして施設入所や入院が必要でなくとも、不便な郊外ではなく、駅前のマンションへと引っ越す高齢者も増えています。

せっかく支払いを終えたマイホームを利用せず、家族のお荷物になるケースすら発生しています。家族のために…という決断が裏目に出る可能性も考慮し、一生賃貸!という決断が正しいという傾向に傾きつつあるともいえます。

また、やっぱり家は買いたいというような方にの中では中古物件を低価格で購入し、自分らしい自由な家に住むリノベーション物件が流行しています

詳しくはこちらから

住宅購入の関連記事

保険を見直すことでお小遣いが増えるかも‥

生命保険営業マンに言われるがまま加入して保険料を払い続けていませんか?保険のプロに相談し現在加入している保険を見直すことで支払う保険料の総額が半分以下になるなんてケースもあります。

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険見直しラボ」は、保険の見直しや新規加入を検討している方へプロのファイナンシャルプランナー(FP)が無料で相談にのってくれる訪問型の無料相談サービスです。また、他の保険代理店やFP紹介サービスの中ではFP歴平均11.8年とトップクラスのベテラン揃いで、強引な勧誘も一切なく安心して相談することができます。

保険見直しラボ公式サイトへ

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.