年収を上げたい 雑学

転職で年収1000万円!今後の人生を左右する運命の分かれ道はこんなところにあった

投稿日:


就職をしたものの、いろんな理由から転職したくなることがありますね。転職サイトDODA(デューダ)の「みんなが転職する理由は?転職ランキング」によれば、転職したい本当の理由の上位3位に挙がっているのが「給与への不満」です。ちなみにトップは「ほかにやりたい仕事がある」、次に多いのは「会社の将来性が不安」です。

いずれにせよ転職をしたいと思うのには何らかの理由があり目的があります。転職には多くの熱量を要するため、実行する際には目的をしっかりと果たせる満足のいく転職先を見つけなくてはなりません。もし給与に不満があるから転職したいのであれば、転職先はできるだけ給与の高いところをみつけたいですよね?それと同時に、仕事内容や福利厚生、職場の人間関係、場所や環境なども重要な条件になってきます。

満足のいく転職先を見つけるためには、自力で転職をするよりも、転職に関する圧倒的な情報量と戦略を持つプロに相談ができる転職エージェントを活用いすることをおすすめします

求人広告サイトと転職エージェントの違い

転職を希望している方に転職エージェントとよく混同してしまうのが求人広告サイト(転職サイト)があります。転職サイトと転職エージェントと表記されていると名前が似ていて違いがわかりづらく、少しややこしいですがサービス内容が異なります。

求人サイト(転職サイト)は、インターネットや求人雑誌に求人情報を記載してある広告サービスで、基本的に人(転職を多方面からサポートしてくれる転職のプロ)は介入しません。

一方、転職エージェントはキャリアコンサルタントとの面談や相談に乗ってもらったりアドバイスをもらいながら転職先を探していく形がとられます。つまり大きな違いは、転職先を自力で見つけるか、転職のプロと相談しながら見つけるかという違いがあります。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントには、転職を成功させるためにキャリアコンサルタントとの面談を通して、じっくりと満足のいく求人を見つけていくことが大きなメリットとしてあるということを紹介しました。

またその他にも、転職エージェントを活用するメリットとして、転職にまつわる様々な手間を代行してくれることが挙げられます

仕事をしながら転職先を探すのは何かと大変。ただでさえ仕事をしていて忙しいのに、求人情報のチェック、下調べ、面接の手配、面接場所の確認など…。そんなことをしていたら、今している仕事も手つかずとなり、注意散漫になって失敗も多くなってしまいますね。

しかも、こうした転職エージェントのサービスは無料で活用できます。無料で活用できる理由は、求人を出している会社がエージェントに料金を支払っているからです。

エージェントを登録する際のコツ

転職エージェントを活用すると、転職にまつわる面倒な手間を代行してくれたり、キァリアコンサルタントにじっくり相談できます。更に、転職支援サイトは通常の求人広告には掲載していない非公開の求人情報を持っているため、年収が高い転職先も見つかりやすいという要素があります。

転職エージェントは2~3個登録しておくのがおすすめです。なぜなら、転職エージェントは会社ごとに持っている情報内容が異なります。より多くの質の高い情報に触れることによって、選択肢が広がります。

しかし、5個も6個も一度に登録すると、連絡のやりとりが大変になってしまうなど結局大きな負担がかかってしまい、本当の良い情報に気づけない要因になってしまいます。現実的に効率の良い転職活動をしていくためには、自身の求めている内容に近いエージェントに2~3個程度登録しておくのがベストです。

転職エージェントには誰でも登録できる総合型、業種や属性をしぼった特化型に分類されます。自分に合った転職エージェントを見つけることが転職活動を成功させるためのコツです。

ここでは、優良企業の求人情報を多く持つおすすめの総合型と特化型の転職サイトを選び抜いて紹介します。

おすすめの転職エージェント

BIZREACH(ビズリーチ)

ビズリーチは厳選した国内外の一流企業の求人情報を記載しているハイクラス向けの転職エージェントサイトで「即戦力人材と企業を結ぶ」というコンセプトを掲げているのが特徴です。

「エグゼクティブ向け」を明確に打ち出した特化型のサイトで、高年収を強く求めて転職活動を行いたい人には特におすすめです。ビズリーチは年収750万円以上の求人情報しか取り扱っていないという特徴もあります。

求人情報掲載数45,000件、採用企業数4,700社、登録ヘッドハンター数1,400人と、高年収求人をそろえた転職エージェント国内最大規模の情報量を誇ります。年収1000万円を超える求人もあり、ビズリーチを使い年収が大幅にアップした転職者も多数います。

また、独自の案件を持ったヘッドハンターを利用した転職活動も可能です。ヘッドハンティングを使うことにより、より良い企業とつながる可能性が高くなるだけでなく、スカウトのチャンスが広がり待遇が良くなる可能性が高くなります。企業、ヘッドハンター、求職者の3者の関係の中から転職活動が展開できるのもビズリーチの魅力です。

ハイクラス求人情報はこちら

リクルートエージェント(リクルートキャリア)

リクルートエージェントは、業種や職種を問わず、多種多様の案件を扱っている総合型エージェントに分類されます。メーカーやIT、営業職や開発業務まで多くの情報を扱っていて、転職を考えているのであればどんな方でも登録しておくべきエージェントです。

転職業界最大手のため、他と比べて圧倒的な案係数を誇ります。また、登録するとサイト上では公開されていない非公開求人にも触れることができます。各企業とのパイプも暑いため年収交渉に強く、転職者の年齢が20代と若くてもおよそ7割の方が年収アップしている実績があります。

また、ハイキャリア専門のキャリアアドバイザーもいるので、相談したいときに頼りになります。

TOEICのスコア600点くらいの英語力を持っているなら、リクルートエージェントで年収1000万円の転職先が見つかる可能性はアップします。また、外資系の転職先を探している人は登録必須です!

求人案件の母数が多いため、自分の希望に合った企業が見つかりやすく有意義で効率的な転職活動が見込めます。

リクルートエージェントの非公開求人を見る

転職エージェントを使うときの注意点

時々、エージェントへの不満として「見当違いの求人情報ばかり紹介される」という声を聞くことがあります。そんな事態を防ぐためには、希望年収や勤務先などの希望条件など、こちらの要望をしっかりとエージェントに伝えておくことが大切です。エージェントを活用する前に要望をきちんとまとめておくとよいでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントが自分と合わない場合はかえって転職活動の妨げになってしまうので、やりにくいと感じたらキャリアコンサルタントを変更してもらうなど、遠慮せずに転職エージェントに伝えることが転職成功への近道です。

おわりに

転職は、その後の人生を左右するとても重要な選択です。幸せになれない転職ならする意味がありません。転職をしてキャリアアップを図る、本気で年収をアップさせる、そして、今よりやりがいのある仕事をする!

転職をする目的をしっかりと持ち、まずは自分に合った転職エージェントを見つけることが年収アップへの第一歩です。

転職関連記事

もし今の職場環境や年収に不満があるなら‥

スキルアップをして年収を上げたい、今の給料では将来が不安、職場の人間関係や仕事内容が合わない、という方は転職エージェントを利用して転職を考えるのもよいでしょう。

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

転職成功実績NO.1のリクルートエージェントなら、豊富な実績とノウハウであなたの市場価値を第三者の視点で見出し、 転職先への年収交渉も代行して行ってくれます。土日、祝日、平日20時以降の相談もできるので、年収アップのためのサポートも万全で働きながらでも安心して転職活動に専念できます。

非公開求人はこちらから

Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.