Y!ショッピング、Y!BBとの併用でTポイントがすごいことに!

節約・貯めたい        2016年03月24日

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)


  • さまざまなサービスで使われているポイントシステム。一度の買い物で貯まるポイントは微々たるものですが、塵も積もれば山となる、と考えて使っている人も多いでしょう。キャンペーンも繰り返し実施されているため、うまく貯めていけばたくさんのポイントが貯められますよね。

    そんなポイントサービスの中でも特に有名なのが「T-POINT」です。貯まるところも使えるところも群を抜いて多いので、一番貯めやすいポイントカードだと思います。

    そしてもしTポイントカードを持っているのなら見逃せないオトク情報が「Yahoo!BB・Yahoo!ショッピング併用でポイント10倍キャンペーン」です。

    最低10倍、最大で24倍に!?

    このキャンペーンでの獲得ポイントは10倍と記載されていますが、それは最低で10倍であって最大なら24倍にまで増加します。これはポイントの計算方法が「キャンペーンで9倍」にさらに「ストアポイントで最大15倍」になるからです。

    ただしポイントが貯まるのはYahoo!ショッピングでの買い物に限られます。とはいえYahoo!ショッピングは近年成長が著しいネット通販であり、楽天やAmazonにも負けていません。

    Yahoo!ショッピングのカテゴリだけ見ても食品から家電、文具、インテリア、ファッション、ゲームと多種多様。さらにYahoo!ショッピングでは「5のつく日はポイント5倍」「全員まいにちポイント5倍」など頻繁にポイントアップを行っているため、買うタイミングを選べばどんどんポイントが貯まります。

    驚きの平均15%OFF相当!

    では実際にどんな買い物をしたらどれくらいのポイントが貯まるのかを見てみましょう。

    以前からクッションカテゴリで人気の「人をダメにするソファ」。クッションカテゴリランキングでは常連となっている人気商品です。このクッションの価格は税込みで9,480円とクッションにしては高めですね。

    しかしここからがYahoo!ショッピングの真骨頂です。

    まずこの「人をダメにするソファ」は通常ポイントが94ポイントですが、ポイント5倍商品なので最初から470ポイントは獲得できます。そしてここに件の「Yahoo!BB・Yahoo!ショッピング併用でポイント10倍キャンペーン」が加わると9倍のポイントが付加されるので、846ポイントがプラスされます。つまり

    470+846=1316

    1,316円分ものポイントが獲得できます。これを商品価格から引いてみると、なんと8,164円と約15%もの割引と同等の価格となります。

    では次はちょっと高めのコーヒーメーカーで計算してみましょう。ネスカフェの人気コーヒーメーカー「ピッコロ」はデザイン性の高い形状と豊富なカラーで人気の商品です。ネスカフェのコーヒーメーカーは1万円以下の安価なものもありますが、その中でもこのピッコロは29,800円と少々お高め。

    しかしこの商品はストアポイントが6倍なのでキャンペーンとあわせると15倍。つまり4,470円分ものポイントが獲得できる商品なのです。割引率にすれば15%ですから、セールみたいなものですね。

    もちろんストアポイントの倍率によって多少は前後しますが、中には15倍ものストアポイントが設定されている商品もあり、最大で24倍にまでなります。商品次第では20%を超える割引率と同等のポイントが獲得できるでしょう。

    キャンペーンはYahoo!BBへの加入が条件

    全品セールと同等のキャンペーンを利用するためには、Yahoo!BBへの加入が条件となっています。Yahoo!BBはインターネット回線の中でも早い・安いと人気があり、SoftBankのスマホとのセット割引や、最大60,000円のキャッシュバックなどオトクなキャンペーンも満載です。

    ネット回線はこれといった不調がない限り、乗り換えも見直しもしないものですが、今回のキャンペーンを逃すのはあまりにももったいないですね。Yahoo!BBはただでさえ安い料金設定ですが、さらにポイント10倍キャンペーンで元はとったも同然です。この機会にYahoo!BBへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

    (文/kaztel)

    タグ:
    kaztel
    kaztel
    2014年から活動開始。日本語好きが災いして美容師からフリーライターに転向し、自作PCを軸にしたIT系をメインに幅広く執筆中。日本語検定1級を目指して勉強中だが勉強したいことが多すぎててんてこまいな毎日を送る。

    TOPへ

    ページトップへ戻る