会話が止まる人、1回1,500円からの話し方教室に行ってみる?

年収を上げたい        2017年02月17日

Pocket

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

「会話が続かない」とあなたも悩んでいませんか?その原因は実は比較的簡単なところにあります。

会話が続かない原因は「相手の話を聞いていない」ということにつきるのです。意外な感じを持たれるかもしれませんが、会話というものは自分が一方的に話すということでは長くは続かないものなのです。

会話は相手あってこその会話

ちょっと想像してみて欲しいのですが、会話を自分だけで延々と続けたらどうなるでしょうか。言いたいことを一人で延々と喋るということは、やってみるとかなり難しく、苦痛であることがわかります。

つまり言うまでもなく会話は相手があってこそ成り立つものです。だからこそ、相手にもしゃべってもらわないと成立しないのです。また、相手にしゃべってもらうことで答えが見つかり、会話の目的は達成されるのです。

そのためには相手にしゃべってもらうということが大切になります。繰り返しますがここで大事なのは「相手の話を聞く」ということです。これが実は多くの人ができていそうで、できていないものなのです。

相手の話を聞くというのは、きちんと相槌を打ってあげて、話の内容が自分の意見と異なっている場合でも、「あなたはそう思っているのですね」と自分の意見を挟まずに、肯定をしてあげることがまず必要です。そこでいちいち「いや、自分の意見は違くて、」というようなことをしゃべってはいけないのです。

反論は聞いたあとでゆっくりと

もし反論がしたいのなら、相手の話をひととおり聞いたあとにすればいいのです。それで十分間に合います。焦る必要はありません。

「そんな単純なことなの?」と思われるかもしれませんが、普段の自分や同僚などのしゃべり方をこうした観点から観察してみると、驚くほど相手の話を聞いておらず、相手が話をしている最中に不必要なつっこみを入れたりして、せっかく相手が喋っているのに、それをさえぎっている人が多いことに気づくはずです。

傾聴をマスターして話し上手になろう

このことさえ気づけば、相手にしゃべらせれば良いということが分かります。それができる人は実はかなり少ないのです。ですから、あなたは「この人と話をすると存分にしゃべることができる」というふうに相手から思われるような存在になれるのです。

心理学的には傾聴、耳を傾ける、という方法なのですが、これをマスターすることで、会話が続かないという悩みを解消することができるのです。意外なところに原因があるのです。

それでも難しいときはプロに教わる手も

言ってることは分かるけど、いざ実践してもなかなか思い通りに行くわけないよ、と思っているでしょう。そう、会話とは英語のマスターとまったく同じで、実践が伴わないとできるものではありません。

あなたがもし、普段から会話が止まってばかりでとても上達どころではない……と真剣に悩んでいるのでしたら、思い切ってプロに教えを請うという選択肢もありではないでしょうか。

昨今はそういった人や円滑な会話を必要とするビジネスマンに向けて、話し方教室が多数開講されています。検索で「話し方教室」で検索すればいっぱいヒットすることでしょう。東京に住んでいる人なら「話し方教室 東京」で探せばもっと上手に探せるかもしれません。

気になる費用ですが、これはピンキリです。本気で学ぼうと思ったらそれこそ10万円はかかってしまいますが、もうちょっと軽いものでしたら1回のレッスンで1,500円からというものもあります。無料体験レッスンもあるようですので、そこからスタートしても良いかもしれません。

さて、あなたはコスト0円で自力で会話をマスターしますか?それともプロに教わりますか?

タグ:
HOW MATCH編集部
HOW MATCH編集部
あなたの年収、副業、節約、貯金に関する悩みを金額で解決するWebメディア、HOW MATCHの編集部です。さまざまなライターによる記事が集まっています!

orette.jp

orette.jp

TOPへ

ページトップへ戻る