おひとり様女性のマンション購入、250万円OFFの特典も?

節約・貯めたい        2016年01月10日

おひとり様女性のマンション購入、250万円OFFの特典も?

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)


  • 近年では、女性の社会的地位が認められ、多くの場所で男性と対等、もしくはそれ以上の役割を果たしています。そんな影響が、実は住宅購入の場にも押し寄せています。

    堅実でやりくり上手な女性たちは、どのようにマンションを購入しているのでしょうか?そこには驚くべき行動力と、将来を読み解く高い考察力が発揮されていました。 

    アラサーで決意する!単身女性にマンション購入は当たり前?

    生涯独身で過ごす男女が増えた昨今。バリバリと働き、十分な収入を確保して、独身を謳歌している女性も多いのでは?「女は30歳から」とも言われているなか、リクルートの調査によりますと、なんと29歳でマンション購入に踏み切る女性がおよそ2割にも及んでいます。

    また、平均年齢を比較してみれば、男性は36歳、女性は38歳で、住宅購入に臨まれています。しかし年収も劣り、なおかつ高い年齢で住宅をする女性たちの決断はどこからくるのでしょうか?

    同調査によりますと、倹約上手でコツコツと貯金ができる女性たちは、男性の約800万円平均の頭金に対し、1000万円程度の貯蓄が準備できているといわれてます。購入年齢が高い要素のひとつとして、200万円多く貯蓄をしている時間が空いていたのです。

    金融機関によってはレディースローンを展開中

    各金融機関が女性に向け特典を設けた住宅ローンを展開しています。中でも特に話題になったのが池田銀行(現:池田泉州銀行)。
    以前、最大で金利0.6%を優遇している商品がありました。対象となるのは、年収150万円で勤続3年以上ある女性。2500万円の30年ローンであれば、標準金利2.0%が1.4%と融通され、利息が250万円以上もお得になります。

    しかしレディースローン全てがお勧めなのではなく、それぞれの商品の特徴を抑えておかなければいけません。
    「審査が通りやすくなるもの」
    「金利優遇が受けられて総返済額が少なくできるもの」
    「出産時に金利一時優遇があるもの」
    などメリットは様々です。すべてを取り揃えている住宅ローンがあれば良いものの、そうはいきません。しっかりと優先順位を付けておき、自分にとってのメリットが大きなレディースローンを見つけ出すことが大切です。

    次にくる波は35歳を前にした34歳

    驚くべきは、購入時の頭金100万円未満という女性が2割弱を占めていること。しかしそれ以上の3割に及ぶ女性が1000万円を頭金として準備していることから、女性ならではの堅実さが現れています。

    また購入している物件価格に目を向けてみると、2000万円台が約4割、3000万円台が約3割、4000万円台が約2割になっています。購入に向けた、彼女たちの十分な貯蓄と計画性が伺えます。

    次にくる波は35歳を前にした34歳

    しかし、年齢を増して、しっかりと貯蓄をしてから…と、一般的には考えがちです。ですが、その一足先を読んでいるのが女性になります。

    結婚や出産を迎えて働けなくなるかもしれないリスクがあるからこそ、住宅ローン審査の通りやすい、少しでも若いうちに購入しようという決断に至ります。そのためかなり早いうちから、前倒しで堅実に貯金を行っている女性のお財布事情が垣間見えます。

    周囲の目が何?そんなことより大切なこと

    マンションを購入することによる、周囲の目を気にしている女性は少ないです。逆に、男性同様にローンを組むことで、働きがいを見出せたなどのプラス要素が増え、浪費が減らせて良いことづくしだ!と感じている方が多いのです。

    周囲の目が何?そんなことより大切なこと

    いつかするかもしれない結婚に向けて動くではなく、限りある人生を謳歌し、独身をアクティブに楽しむ女性が増加している時代です。

    抜かりのない女性たちは、売却や賃貸に出す事態も想定した上で、交通の便が良く、自分の資産としての役割を果たしてくれるマンションを選んでいます。そして、活用できるあらゆる特典やノウハウを駆使して、人生最大ともいえる大きな買い物へと、上手に踏み切っていきます。

    (文/橋本みゆき)

    タグ: , , ,
    橋本みゆき
    橋本みゆき
    関西在住のフリーライター。転職を繰り返すこと7回。元銀行員で元OL。新聞社での記者経験も有。宅建やFPなどの取得資格の関連コラムから恋愛・健康・ラジオ台本まで、取材~執筆までを幅広く手掛ける。

    TOPへ

    ページトップへ戻る