加齢臭、スメハラ……2,000円からの本気対策でデキる男を目指せ!

年収を上げたい        2015年12月18日

Pocket

知らぬ間にあなたの加齢臭もスメハラの加害者に!?2,000円前後の石けんで本気対策してみよう

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

  • セクハラ、パワハラとさまざまなハラスメントがありますが、最近ではスメル(におい)のハラスメントであるスメハラもよく聞かれるようになりました。女性は特にニオイに敏感なので、電車の中や会議室などせまい空間では逃げ場もなく不快なニオイに悩まされていることが多いようです。

    ニオイを発している本人は気づかないことが多く、デリケートな問題なので周囲の人たちも「ニオイますよ」とはなかなか言い出しにくいもの。あなたも知らないうちにスメハラの加害者になっていて、給湯室で女子社員たちに「◯◯さん、臭わない?」なんて話されているかも?そうならないために20代、30代、40代それぞれの体臭の違いとその対策についてご紹介します。

    きついのは部長の加齢臭だけじゃない?!

    20代でもっとも臭うのはワキの下。でもこれは普通の人は毎日お風呂に入って制汗デオドラントスプレーを使用すれば防げる範囲のものです。

    そして50代になると出てくるのが加齢臭。その原因といわれているのはノミナールという物質で、酸化を抑制する力が衰えることにより脂肪酸と過酸化脂質が結びついて発生します。ではそのあいだの30代、40代で「俺はまだまだ若いから大丈夫」なんて思って安心していると「ミドル脂臭」を発している恐れが……

    ミドル脂臭ってなに?

    ミドル脂臭というのは主に後頭部から発生するジアセチルという成分による脂臭さで40歳がピークと言われています。乳製品や油、アルコールなどの臭気成分であるこのジアセチルにはそのものが臭うだけでなくほかのニオイも増強してしまうというやっかいな特徴があります。

    ミドル脂臭ってなに?

    発生部位が後頭部ということで鼻から遠いため自分ではニオイに気づきにくいので、枕のニオイをかいでチェックしてみましょう。

    ニオイの原因と対策

    加齢臭の原因となるのは喫煙、飲酒、ストレス、不規則な生活、脂肪分の多い食事などによって引き起こされる動物性脂肪の酸化。ではそれを抑制するにはどうすればいいか?

    抗酸化作用のある食品(ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノール・ベータカロチン・カテキン・イソフラボン)の摂取

    具体的には緑黄色野菜、飲み物であればポリフェノールを含む赤ワイン、緑茶などを飲むことですね。

    一方ミドル脂臭は頭頂部や後頭部、頚部に分泌される乳酸が皮膚常在菌であるブドウ球菌によって代謝・分解され中鎖脂肪酸と混じることで発生するもの。そこでもっとも効果的なのは……

    「朝シャワーをあびる」

    寝ている間に分泌された汗を熱いお湯でしっかりと洗い流すことで、ニオイはかなり軽減されます。それでもまだ気になる、という人は加齢臭やミドル脂臭専用のソープやスプレーを一度試してみては?

    気になる加齢臭・ミドル脂臭対策グッズ

    Lucido 薬用デオドラントボディウォッシュ、スカルプデオシャンプー、デオドラントスプレー、リフレッシュデオペーパー

    毎朝シャンプーとボディーシャンプーでしっかり汗と脂を洗い流して、外出中に気になったときにはデオペーパーでさっと爽快!

    ライオン Pro Tec 頭皮ストレッチシャンプー・コンディショナー、頭皮ストレッチ・毛穴クレンジングブラシ

    頭皮洗浄ブラシで皮脂除去とともに頭皮にうるおいを与えて薄毛の防止にも。

    京都まちや 薬用濃い柿渋石鹸

    11種類もの植物成分を配合したやさしい石鹸で敏感肌にも安心。

    スマイルビューティー クリーンデオドラントミスト

    携帯しいやすいサイズなので気になったらいつでもどこでもシュッとひとふき!

    冬だからって油断は禁物!

    そろそろ寒くなってきたから汗をかくことも減ったし、なんて安心してはいけません。シャツと違って頻繁にクリーニングに出せないジャケットにはしっかりとニオイがしみこんでいます。

    特に季節の変わり目は日中蒸れやすくなるのでニオイ対策には十分気をつけたいものですね。

    (文/森野万弥

    タグ: , , ,
    森野万弥
    森野万弥
    翻訳家、ライター。日本語教師養成課程修了。元英国空軍(RAF)隊員。2010年より翻訳業・執筆業(現地の大学の発行する日本語教材の執筆を含む)開始。英国在住。

    orette.jp

    orette.jp

    TOPへ

    ページトップへ戻る