早起き大学生は人生が豊かに?○時間早く起きると35万円お得

節約・貯めたい        2017年02月10日

“早起き大学生”は人生が豊かに? ○時間早く起きると35万円トクする

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)


  • 2ヵ月にもわたる長期休暇があり、毎日の自由時間も多い大学生。夜更かしなんて当たり前、規則正しい生活を送る人がどれだけいるのか。

    少し前まで大学生をしていた私からすると、それが少数派だったことは間違いありません。卒業単位に近づく3回生、4回生になるにつれて傾向は顕著になり、早朝から開講される授業を受けること自体避けるようになります。

    だから早起きする人も少ないですし、夜型の生活を送る人も珍しくなかったり。私も一時期はそうでした。

    時間にルーズな大学生 起床時間がやっぱり遅い

    「大学生は怠惰だ」と指摘する声があります。よく聞く話であり、理由にはさまざまありますが、多くの焦点となるのは起床時間のこと。

    とある調査によると、平日の小学生やサラリーマンは、遅くとも7時半に起きているようです。8~9時にはそれぞれの活動がはじまりますので、当然といえば当然の結果でしょう。

    しかし、大学生とみられる年代になると平日の起床時間はグッと上がり、8時を過ぎてしまいます。多くの大学は1講義目の時間を9時前後と設定しており、小学生やサラリーマンの活動開始時間とさほど変わらないはず。それにも関わらず30分以上もの開きがあるのです。

    ただ、これには大学生ならではの理由があると私は思います。先述したように、1回生、2回生である程度の単位を満たすと、徐々に受けられる講義が限られます。そうなると必然的に、朝の講義が少なくなるのです。早起きをしないことはむしろ、大学生にしかできない特権とも言えるかもしれませんね。

    早起きで50万もトクする?どのくらい早く起きればいいのか

    早起きで50万もトクする?どのくらい早く起きればいいのか

    とはいえ、早起きをすれば活動時間が確保でき、1日でやれることが増えます。大学生のなかには、寝すぎてしまい何もできないまま、1日を終えた経験のある人もいるのではないでしょうか。私はそんな日ばっかりでした。

    今思うと、やっぱりもったいないんです。その時間で思い出に残るようなことができたかもしれない、もっと生活を楽しめたかもしれない、もっと言えば人生の糧になるような経験ができたかもしれない。睡眠は大学生の特権なので、後悔はしていませんが、そう考えることもあります。

    しかし、寝すぎた時間を使って働いていたら良かった、と思うことはしばしば。大学生というのはお金がないもので、それは時間があるから遊んでばかりいるからですが、やはり困ることもたくさんあるんですね、食事とか光熱費とか。

    少し調べてみましたが、例えば、今より「1時間」早起きするのを1年間続けた場合、年間365時間もトクします。一般的なアルバイトは、974円が全国平均らしいので、その時間を働けば「355,510円」も稼げるのです。35万円もあれば、海外旅行に行ったり、ほしいものがなんでも買えたり、何回でも飲み会に足を運べたりします。食事や光熱費に困ることも、おそらくありません。

    15日間も確保できる!時間があるからこそ大切にしよう

    35万円を稼ぐために、毎日働き続けるのは少し酷です。お金と引き換えに健康を失ってしまいます。だから、あくまで「大学生にとっての365時間は、35万円にもなる」と考えてください。もちろん、身体を壊さない程度に働くのは大切なことです。

    それからもうひとつ。365時間は、15日間に相当します。ちょうど半月程度です。その時間を全て自由に使えるとしたら……、皆さんは何をしたいでしょうか? 「早起きは三文の得」と言いますが、毎日の生活時間を1時間延ばすだけで、生活が大きく変わるかもしれません。

    時間がある大学生だからこそ、そのメリットを存分に活かすべきです。“早起き大学生” を目指して、日々をぜひ見直してみてください。

    (文/吉松京介・エストリンクス

    タグ:
    HOW MATCH編集部
    HOW MATCH編集部
    あなたの年収、副業、節約、貯金に関する悩みを金額で解決するWebメディア、HOW MATCHの編集部です。さまざまなライターによる記事が集まっています!

    TOPへ

    ページトップへ戻る