副業で稼ぎたい

毎月3万円の収入アップ!顧客紹介ビジネスの副業

投稿日:2016年2月27日 更新日:


ネットの副業が稼げない理由

アフィリエイトやポイントサイトなど、ネットでの副業に興味を抱いている人は多いだろう。実際になにか始めてみた人もたくさんいるはずだ。

しかし、実際に稼げている人はそう多くない。その理由は簡単で、単純に収益が上がるまで時間がかかるのだ。

アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、アフィリエイト収入はアフィリエイトにかけた時間と正比例するケースが多いという結果が出ている。

2015年の調査結果から単純に中央値を見てみると、アフィリエイトで月に数万円稼ぐには、毎日2時間以上の更新作業を2年~3年継続する必要があるようだ。

このように、アフィリエイトを筆頭とするネットでの副業は、一般人が数万円稼ぐには非常に長い助走距離を必要とするものが多い。多くの人はその助走の最中に力つきてしまうから稼げないのである。

ネット時代だからリアルでの副業が稼げる!

今回紹介する副業は、インターネットをほとんど使わない。完全にリアルで行う副業なので、人に接するのが苦手だとできないかもしれない。しかし万人ができる副業ではないからこそ稼ぐチャンスがある。

仕事の内容は至って単純。利幅が大きい商材を扱っている業者に顧客を紹介し、紹介料を得るというものだ。要は営業代行である。

例えば、車を欲しがっている知人を中古車店に紹介した場合、50万円以上の普通車であれば数万円の紹介料をもらえる可能性が高い。その理由を次項で説明しよう。

紹介料がもらえる理由

世の中には利幅が大きい商材を取り扱っている業者も多い。前述した中古車店の場合、社長がひとりで切り盛りしている規模であれば、50万円以上の普通車を月に4台程度販売できれば十分やっていけるのだ。

利益が確保できるのであれば1件につき数万円の紹介料を払ってでも顧客を確保したいと考える業者は少なくない。しかし、これは業者側の利益が十分に確保できることが前提のため、利幅が少ない軽自動車や新車、50万円未満の中古普通車などでは紹介料を得られない場合が多いだろう。

こういった利幅が大きくて紹介する顧客も見つけやすい商材は、身近なところだと「中古車」「リフォーム」「電光看板」などがある。これらはいずれも1件あたり数万円の紹介料が見込める商材でもある。

まずは業者と仲良くなろう!

顧客を紹介する以前に、業者とある程度話を付けておく必要がある。前項にあるような商材を扱っている知人がいれば、その人に話を持ちかけてみるのが一番手っ取り早いだろうが、そのような知人がいない場合は業者に直接相談を持ちかけるしかない。

1人~2人でやっている小規模な業者を選んでおくと何かと融通が利いて便利だ。逆に中小企業以上の法人になると、代表者までの距離が遠くなり、現場の人間は会社のルールで縛られているため交渉が難しくなる。営業経験のない人だと緊張するかもしれないが、顧客を紹介すると言われて嫌がる業者は少ないだろう。

事実、中古車業界には顧客を紹介して紹介料をもらうことを生業にしているブローカーと呼ばれる人たちがいるし、リフォーム業界には職人さんに代わって仕事をとってくる営業代行業などが存在している。

また、「1件につき何円」「販売代金の何%」というように、具体的な紹介料についても事前に取り決めておくとトラブルを未然に防ぐことができる。

紹介顧客獲得のコツ

これも日常生活でちょっと気をつけておくだけで獲得の可能性が大きく変わってくる。中古車の場合は、知人が乗っている車の車検の期間を気にしておくことで、車検前にさりげなく話を振ることができる。

また、リフォームや電光看板については設置状況が外観を見ればわかるので、本業が営業の人であれば空き時間で飛び込んでニーズを聴き、ニーズがあれば業者に紹介するといった方法も良いだろう。

必要なのはニーズを見極めること

人を1人雇うと月に最低20万程度はかかってしまうため、営業マンを雇っていない零細業者は数多い。そのような業者が取り扱っている商材の利幅を見極められれば、他にも顧客紹介のニーズがある業種が見えてくるのではないだろうか。

(文/古川靖)


Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.