コンビニ夜勤vsネットビジネス

副業で稼ぎたい

コンビニ夜勤vsネットビジネス!副業するならどっち?

投稿日:2016年1月25日 更新日:


副業というと夜勤のアルバイトが定番です。昼間は本業で働いて、夜に副業ということですね。特にコンビニは店舗の数も多く人での足りない店舗も多いため、深夜の時間帯の募集も見付けやすいです。副業バイトの定番ともいえるでしょう。

しかし最近副業として注目されているのがネットビジネスです。私自身もインターネットを通して仕事をしている身ですが、副業に向いていると感じます。

そこで、定番のコンビニ夜勤とネットビジネスどちらが副業として良いのか調べてみることにしました。

夜勤で働きやすいコンビニ。しかしデメリットも

仕事の種類にもよりますが、本業を持っている人は昼間働いているケースが多いですよね。そのため、副業として働くなら休日か仕事が終わった後の夜間ということになります。

サラリーマンは平日は本業をしているので、副業をするなら休日か夜間ということになります。また、夜間に働くことのメリットには時給が上がることもあります。

コンビニバイトは時給が良いほうではないですが、深夜は25%アップになるため、1,000円前後の時給が見込めます。時給は土地柄によってことなりますので、あくまで参考程度に。

私の住む地域ですと昼間は780円くらい、夜間で900円くらいです。都内なら、夜間1,100円~1,200円くらいが相場ですね。

コンビニバイトは週一回だけ働きたいなどのシフトの融通もつきやすいのもメリットです。仮に時給を1,100円とすれば、週一回6時間勤務で、月に26,400円稼げます。

また、本業で働いている人は体力面で夜勤に毎日入ることは難しいです。本業の仕事終わりに、翌日また出勤するとなると大変です。

そのため、翌日仕事のない日だとかに絞り少ない日数で働くことになるでしょう。コンビニのシフトの都合が付きやすいことは、この点からみてもメリットとなります。

しかしデメリットもあります。それは知り合いにばれる可能性があること。コンビニを利用する人は多いですから、知り合いがお店に来ることも想定できます。会社によっては副業禁止の会社もあります。知り合いにばれたくない人は、自宅や勤務先から離れたコンビニを探すなどの工夫をしなくてはいけません。

家にいながら収入が得られるネットビジネス

ネットビジネス最大のメリットは、家にいながら収入を得られることです。自分の時間の都合で仕事を行えるので、本業の合間で行うことにも向いています。

さらにネットビジネスは働かない時間にも収入を得ることができます。アフィリエイトはサイトやブログに広告を載せ、そのリンクがクリックされたり商品が売れたりした場合に報酬が発生します。ある程度の時間作業をすれば、あとは勝手に報酬が発生する仕組みです。ネットショップの場合は、自分で接客せずとも商品が売れるので、発送するだけです。

もちろん月に何10万円と稼ぐためにはある程度のノウハウは必要になります。初めて最初の月は収入が発生しないかもしれません。ここで挫折してしまう人も多いですが、コツコツと続けていけば2~3万円くらいは無理なく稼げるでしょう。

ちなみに私自身は、インターネットを介して文章を書く仕事をしています。こちらは作業時間と収入が比例してきますが、時間の都合はつけやすいです。ある程度の文章を書くスキルがあれば月に2~3万円ほどの副収入を無理せず稼ぐことが可能だと思います。

最近では在宅ワークの求人情報サイトなども増えているので、仕事も探しやすいです。単価が安く割に合わない仕事もあるので、その辺りは見極めていく必要がありますけどね。1時間の作業でどれくらいの額になるのか自分で計算してみるようにしています。

まとめ:どちらにもメリット、デメリットが

コンビニ夜勤とネットビジネス、どちらにもメリットデメリットがあります。どちらの方が絶対に良いとはいえなさそうです。

ネットビジネスは初めてすぐにまとまった額の収入にはなりませんが、コンビニでのバイトなら時給制なので、収入を確実に得ることができます。本業の合間に作業するという点では、ネットビジネスの方が向いています。しかし一人黙々と作業するのが苦手ならネットビジネスは向いていないです。

副業をする目的や必要な額、自分がどのような働き方をしたいかを考えてみると良いでしょう。

(文・朝水)


Copyright© HOW MATCH , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.